外科

外科の紹介

当院の外科は、消化器外科を専門とするメンバーで構成され、消化器・一般外科・乳腺疾患の診断と治療を中心に日々診療を行っています。
特色としてはQOL(quality of life:生活の質)を優先し、低侵襲の治療を心掛けています。
具体的には腹腔鏡下に行う胃癌や大腸癌・胆嚢摘出の手術、肛門疾患では切らずに治す治療として、痔核に対してはジオンを用いた硬化療法、痔瘻に対してはシートン法を第一選択の治療として行っています。
一方、腹膜炎に代表される腹部救急疾患についても地域の医療機関と連携の上、緊急手術も行っています。
外来の日帰り手術としての内視鏡検査も積極的に行っています。
消化器専門医療施設として上部・下部を合わせて症例は年間二千数百例を数えます。
ポリープや腺腫に対しては内視鏡下に切除を行っています。
胆道結石に対して内視鏡的に結石を破砕したり、摘出する治療も施行しています。

主な診療内容
消化器癌(胃癌、結腸癌、直腸癌など)の診断と手術
肝・胆・膵の疾患の診断と治療
腹腔鏡下の手術(胃、結腸、直腸、胆嚢)
肛門疾患の治療(痔核硬化療法)
乳腺疾患の診断と治療
全身麻酔の施行と管理
上部消化管内視鏡(胃カメラ)
下部消化管内視鏡(大腸ファイバー)
内視鏡下に行う食道静脈瘤結紮療法
内視鏡下に行う総胆管結石の破砕・摘出療法

特殊外来
・痔の新しい治療法・乳癌健診

外科医
理事長関田 幹雄
名誉院長奥村 修一
院長中川 雅史
副院長島田 悦司
総合診療科 部長小野 仁志
外科医阪田 和哉
外科医吉村 衛
非常勤・乳腺外科河野 誠之(予約診)
非常勤野村 秀明