リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介
 当院のリハビリテーション科は、一般病棟・回復期リハ病棟・亜急性期病棟・療養病棟・通所リハビリセンター「たんぽぽ」でリハ ビリ訓練をしている患者様に対して、疾患の再発予防を行いながら、急性期~回復期~維持期にかけて、それぞれの段階で出現してくる合併症の治療を行ってい ます。
患者様・御家族に満足していただける治療を提供できる事を目標として日々診療していますので、お気軽にご相談ください。
 入院診療
 主として回復期リハ病棟・亜急性期病棟に入院されている患者様の主治医として患者様の全身管理及び、リハビリ治療計画の立案・マネージメントを行っています。
一人の患者様を担当している理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・ケアスタッフ・地域連携室員・薬剤師・栄養管理士・関連他科医師からなる医療 チーム間で頻回に意見交換をすることで、患者様に最も適したリハビリ・治療を提供できるように心がけています。
 外来診療

 主として、脳血管疾患・神経筋疾患に対する治療を担当しています。
特に、痙縮(脳卒中や脊髄損傷の後遺症として現れる、手足が固くなって思ったように動きにくくなる状態)の治療として、投薬・補装具作成・神経筋ブロックを行っています。
また、歯科医師・言語聴覚士・管理栄養士・看護部と連携し、嚥下造影(飲み込みの検査)も行っています。

導入済み訓練機器のご紹介
ウォークエイド下垂足の治療機器で、傾斜センサー用いて、刺激の入力をコントロールする電気刺激装置です。
アンウェイシステムよりスムーズに、より安全に体重を免荷。アンウェイシステムは起立から歩行におよぶ動作習得を幅広くサポートします。
アイビスプラスの新機能従来型のアイビス(OG技研)に加えて、新機能が搭載。脳卒中による片麻痺や、脊髄損傷による不全麻痺、末梢神経麻痺の患者様の治療に役立てています。