研修医の中原医師からのメッセージ

始めまして、歯科研修医の中原です。
私はちょうど1年前に学部生としてこのときわ病院口腔外科に見学に来ました。

当科では午前は主に一般歯科診療を行っており、私は初診の問診から受け持った患者様を診療しています。う蝕処置や義歯作製、中には粘膜疾患や舌痛症の方もおられます。
午後には外科系の手術を行っています。智歯抜歯やインプラント埋入術、嚢胞摘出など様々で、介助から始まり少しずつ実際に治療させていただいたりしています。
また外来の患者様だけでなく、入院されている方に歯科治療を行うこともあります。
当院では入院患者様全員の口腔内の環境をチェックしており、希望があればひとりひとりに合った治療を提案し入院期間中にできるベストの治療を行います。

当科には高齢であったり、基礎疾患をお持ちの患者様が日々数多く来院されます。
4月から研修を始めて3ヶ月になりますが、診させていただく患者様にもいろいろな疾患を持った方がおられます。
そのような患者様の全身状態の評価を行い、それを踏まえて治療方針を考えますが、実際にそのような患者様を診ると、疾患に対する知識の浅さを痛感します。
ただ、それでも患者様から感謝のお言葉をいただくと嬉しく感じるもので、やりがいを感じます。

1年間という短い研修期間ではありますが、自分次第でいくらでも研鑽できる環境があり、充実した研修を送れることと思います。